中型免許の種類

普通免許と大型免許の中間に位置する中型免許は、2007年6月に施行された意外に歴史が新しい免許です。車両総重量が5トン以上で11トン未満、最大積載量は3トン以上で6.5トン未満、あるいは11人から29人までの四輪車を運転するときには、中型免許が必要です。

中型免許にも種類があり、一般的な運転目的で運転する第一種中型免許と旅客運送のために運転する第二種中型免許とに分かれます。バスやタクシーなどは第二種運転免許に該当しますから、第二種の中型免許を取得する必要があります。ただし、いずれの中型免許も、車両総重量や最大積載量、人数などの条件は同一です。免許を取得する際の本人の条件は、それぞれに異なります。

第一種の中型免許は、年齢が20歳以上で普通免許か大型特殊免許の運転をしていた経験が通算で2年以上必要です。一方、第二種中型免許の取得の際には、年齢が21歳以上で大型第一種免許、中型第一種免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のいずれかの運転経歴が通算3年以上必要です。他にも、合宿免許の教習所入校にあたって、身体条件が必要になってきます。取得したい免許の種類によって、同じ中型車でも条件が異なってきますから、しっかりチェックしておきましょう。

合宿免許で中型車免許

合宿免許では、普通免許だけでなく中型免許の取得も可能です。普通免許とは取得条件が異なる中型免許は、もちろん教習内容もレベルアップしてきます。人によっては、教習所に通うと大幅に時間がかかってしまうこともあるでしょう。合宿免許なら、集中して教習を受けられることから、短い期間で中型免許の取得が可能です。

中型免許には2つの種類があり、それぞれに取得条件が異なります。第一種中型免許は20歳から取得が可能ですが、第二種中型免許は21歳から取得可能という違いがあります。通算の運転経歴も、2年3年と異なるのです。営業目的で人を乗せる中型車を運転できるのが第二種中型免許ですが、どのような目的で中型免許を取得するのかは、あらかじめ決めておく必要があります。

合宿免許のメリットで代表的なのは、最短期間で中型免許を取得できる点です。教習期間が短くなるぶん、教習料金も少なくて済みます。合宿免許の多くは地方ののどかな場所で行われるため、道路事情が良いのもメリットです。毎回の教習予約をしなくてもよいので、ストレスなくスムーズに免許を取得できます。

最短なら8日もあれば中型免許を取得できるのが、合宿免許の良いところです。1週間ほどで免許を取得できてしまうのは、合宿免許ならではです。仕事で中型免許が必要な人なら、すぐに仕事に就けるでしょう。教習に行くたびに、毎回次の教習予約を入れなければならない面倒もなくなります。合宿免許は、あらゆるストレスを軽くしてくれる免許の取得方法なのです。