中型免許の種類

普通免許と大型免許の中間に位置する中型免許は、2007年6月に施行された意外に歴史が新しい免許です。車両総重量が5トン以上で11トン未満、最大積載量は3トン以上で6.5トン未満、あるいは11人から29人までの四輪車を運転するときには、中型免許が必要です。

中型免許にも種類があり、一般的な運転目的で運転する第一種中型免許と旅客運送のために運転する第二種中型免許とに分かれます。バスやタクシーなどは第二種運転免許に該当しますから、第二種の中型免許を取得する必要があります。ただし、いずれの中型免許も、車両総重量や最大積載量、人数などの条件は同一です。免許を取得する際の本人の条件は、それぞれに異なります。

第一種の中型免許は、年齢が20歳以上で普通免許か大型特殊免許の運転をしていた経験が通算で2年以上必要です。一方、第二種中型免許の取得の際には、年齢が21歳以上で大型第一種免許、中型第一種免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のいずれかの運転経歴が通算3年以上必要です。他にも、合宿免許の教習所入校にあたって、身体条件が必要になってきます。取得したい免許の種類によって、同じ中型車でも条件が異なってきますから、しっかりチェックしておきましょう。